アマンバグ ホテル概要 アマンリゾート専門サイト

アマンリゾートTOP> アマンバグ(インド/アルワール)
写真画像のタイトル

ホテル概要

サンスクリット語のアマン「平和」と、ヒンディー語のバグ「庭」から由来しているアマンバグは、かつての王室の猟銃地の建物内にあります。巨大なヤシの木、フルーツ、ユーカリの緑の茂る自然のオアシスです。ムガール時代の壮大さを連想させるアマンバグのハベリ・スイートとプール・パビリオンは、ラジャスタンの辺境地域の遺跡巡りのスタートには最適の空間です。リゾート内のドーム状の屋根と中庭は、建築デザイン賞を受賞しました。

  • ルームカテゴリー

    アマンバグのお部屋は4つのカテゴリーに分かれております。スイートのすべてのお部屋には、ウダイプール産の大理石を使った大きなバスタブ、Boseのサウンドシステム、ミニバーを備えております。

    コートヤード・ハベリ・スイート

    お部屋はスイミングプールの両側に位置し、中庭を通り抜けるとダイニングエリアへと通じ、ゲストの方のみが利用できるプライベートの中庭となっております。リビングエリアには、大きなデイベッド、アームチェア、書斎デスク、キングサイズのベットがある寝室、バスルームはドーム型の天井で、自然光に満ちた空間でゆったりおくつろぎいただけます。(8室)

    ガーデン・ハベリ・スイート

    お部屋は1階にあり、ハベリ・スイートと同じ調度品で統一されております。また美しい庭を見渡すことができます。(8室)

    テラス・ハベリ・スイート

    お部屋は2階に位置し、テラスから延びる階段よりお入りいただくことが可能です。内部はリビングエリアに、大きなデイベッド、アームチェア、書斎デスクが置かれており、キングサイズのベットを配置した寝室とバスタブと、ドレスルームが独立した広いバスルームとなっております。(8室)

    プール・パビリオン

    3MX9Mのプライベートプールと広々とした庭を持つ独立した作りとなっております。 リビングエリアには書斎デスク、デイベッド、アームチェアを備え、バスルームは広々としたヴァニティースペース、シャワー、トイレが含まれています、ウォークインワードローブもございます。(16室)

  • 施設案内
    レストラン

    季節のインド料理と西洋料理をお楽しみください。テラスにもテーブルと椅子をご用意しております。ハーブや野菜はアマンバグのオーガニック農園で育てられてたものを使用しております。農園の見学も可能です。お気軽にお問い合わせください。

    ライブラリー

    ライブラリースペースは、本館の2階にあり、インドの歴史、文化、アート、野生動物に関する書物を数多く取り揃えております。小説、雑誌、新聞、CD,ボードゲームなどもお楽しみください。 PC、インターネット、プリンターもご完備しております。(リゾート内は、WiFiをご利用いただけます。)

    ブティック

    選りすぐりの、銀製品、宝飾品、テキスタイルをご用意しております。

    スパ

    高い技術を誇るセラピストが施術にあたります。メニューを豊富に取り揃えておりフェイシャル、マッサージ、スクラブ、伝統的なヘナアートもお楽しみいただけます。

    ヨガ・瞑想

    リゾートの周辺には風光明媚なヨガにや瞑想に最適な場所がございます。お気軽にお問い合わせください。

    プール

    リゾートの中心にあり、21M X 10.5Mの大きさ。プールサイドにはサンデッキでおくつろぎください。軽食、スナック、ドリンクのサービスもご用意しております。

  • アクテビティ

    カルチャーツアー・ネイチャーツアーを準備しております。

    アジャブガフォートと寺院

    アマンバグ周辺の田園地帯には数多くの歴史的建造物の遺跡が豊富に残されています。暖かい季節には、オープンジープカー、乗馬、ラクダでお出かけいたくことも可能で、湖や山々を見渡すことができます。また。キャンドルライトディナーなどもお楽しみいただくことが出来ます。1635年に建立された、Shri Raghunathji専用の寺院で、24本の柱、中庭、大理石を使用した寺院となっております。アジャブガフォートと寺院は王族、特に女性のプライバシーを守るための、地下通路が作られております。

    バーンガル城

    1600年代に建設されたバーンガル城は、インドの文化遺産に登録されております。 この城にはムガール皇帝アクバルの弟の霊が宿っていると言う伝説が残されています。アマンバグから車で15分のところにあり、緑の芝生とイチジクの木が植えられており、朝や、夕方は写真撮影、ヨガ、瞑想に最適です。朝食やランチを携帯しても良いでしょう。

    マンサローバ湖

    平底型のシカラボートに乗ったり、10月から2月は特にバードウォッチにも最適なシーズンです。また自転車で地元の村を周るのも農村の魅力を見つけることができるかもしれません。

    サンセットツアー

    "Godhuli"はヒンディー語で、夕暮れの中、牛を連れ家路を急ぎ、巻き上げる土煙に夕日の光が屈折している情景を表しています。村人達がヤギや水牛の群れを家へ連れ帰る風景、子供たちがクリケットを楽しむ姿、村の長老たちはタバコをふかしながら夕暮れを楽しむ、そんな風景をお楽しみください。民家でチャイを召し上がって頂くのも良い体験となるでしょう。

    サーリスカ・ナショナル・パーク

    公園の広さは、765K㎡あり、アマンバグから35分の場所にあります。かつては、王族の狩猟場とされてきました。1年中公園に入ることが可能で、トラ、ヒョウ、ヤマネコ、カラカル、カモシカ、イノシシ、ジャッカル、サルなどの野生動物が生息しています。早朝、午後にオープンジープでサファリをお楽しみいただけます。